当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

むちうちなら今池南接骨院

今池南接骨院

坐骨神経痛

悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    寝る際の痛み
    夜仰向けだと神経痛によって寝れないため側臥位で寝る
    仕事中の痛み
    立ち仕事、座り仕事でも痛みで集中できなくなり仕事に手がつかなくなる。
    筋力の低下
    痛身が出る方の足をかばうのでかばってる方の足の筋力が大幅に低下する。
    歩行時の痛み痺れ
    普段、買い物に行く時や、少しだけの時間の運動などで臀部に痛みを感じ辛い思いをする。
    座っている時に痺れる。
    デスクワークやお家でくつろいでいる時、立ち続けたときに足先が痺れが出る。

  2. 坐骨神経痛に対する当院の考え

    明るい挨拶

    坐骨神経痛とは、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱間狭窄症、梨状筋症候群などでなりやすく腰椎から出る神経が棘突起や筋肉によって圧迫されることにより起こります。主な症状は腰、臀部、大腿、下腿、ひどいと足の指先まで痛みやしびれが走ります。どんなことをすると起こるかというと長時間の座位でのデスクワークでの運動不足、激しすぎる運動(重りを使った腰を反るデッドリフトや正しくない姿勢でのスクワット)などで起こったりします。何故ここまで症状が広がるかと言うと坐骨神経という神経が足先までにいくまでにいくつもの神経に分化するので症状が広範囲に広がります。

  3. 坐骨神経痛を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    坐骨神経の原因は梨状筋が延長して坐骨神経を圧迫してしまうこととハムストリングと腓腹筋が坐骨神経を圧迫することなのでまずこのまま放っておくと腰椎に前に曲がる負担がかかる為椎間板ヘルニアになりやすくなり痺れの症状が腿の裏やふくらはぎだけではなく、足の指にも出てきてしまう恐れがあります。またそのまま進行すると筋肉が痺れであまり動かせなくなってしまい、歩行困難になってしまい最終的には長く歩けなくなります。またお尻の筋肉(大臀筋、中臀筋)が弱くなってしまうため骨盤の支えがなくなる為、下半身の筋肉が使いすぎになってしまうので慢性腰椎も引き起こしてしまいます。

  4. 坐骨神経痛の軽減方法

    明るい挨拶

    矯正を行う事で、骨盤から姿勢が整い、神経の働きが良くなり、筋肉が緩み、血行が良くなり、症状が改善されますが、骨盤から姿勢をいくら整えても身体の重心や生活習慣、姿勢が悪ければ、また同じように身体を歪めてしまい、症状がぶり返してしまいます。
    そのためも、生活習慣や姿勢の指導、身体の重心のバランスがとても重要になります。身体を動かすことで神経、筋肉、関節に刺激を与えより健康的な身体へ戻します。坐骨神経痛は臀部の筋肉が固まってしまい、痺れや痛みが出てくる場合が多く、それを改善するために具体的な例として、臀部のストレッチがとても効果が出やすいです。家でストレッチができると、院で治療するプラスでお家でのケアをする事で、更なる改善に繋がります。

  5. 坐骨神経痛の軽減に効果的な当院の施術メニューは?

    姿勢矯正

    坐骨神経痛と言っても様々な原因から引き起こされるものである為、当院で行うメニューはその症状に合わせて行っています。
    治療内容としては、まず筋肉の硬さによって神経が圧迫されて出ているものでしたら筋膜ストレッチを行います。筋肉を緩めることが目的になります。
    姿勢の歪みによって神経に負担をかけているものでしたら全身の矯正をおすすめしています。
    またどんなに姿勢を戻してもそれを維持する筋力が無ければすぐに再発してしまう為、そのような方には電気を使ったトレーニング、通称楽トレを行います。ご自身でトレーニングをして頂くことが理想ですが無理な負荷をかけるとさらに悪化させてしまう為、負荷なく腰回りを強化することができます。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    施術後は常に坐骨神経痛が出ている方でしたらシビレの緩和が見られます。これは今まで圧迫していた筋肉が治療によって緩んだからになります。
    歩行によってシビレが出てしまう方は歩行時にシビレで歩けなくなることが減ります。今まで短い距離でシビレがでてしまう方なんかも長い距離歩けるようになります。
    これは今まで姿勢の不良などにより腰に負担がかかっていたものが正しい位置になり、さらに腰回りの筋肉で腰を支えられるようになったからです

  7. 改善するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    症状の重症度とする事によって異なります。
    まず筋肉の弱化が大元の原因なので筋肉の強化をするような電気等を行うと重症度がI度であれば週1〜2回の施術を行えば治ります。Ⅱ〜Ⅲ度であれば、毎日から週4回以上は施術を行わらなければ治らないです。電気を使わない場合は毎日から週5回は来ないといけません。ただし自分で筋トレを行うという条件付きの場合のみです。筋トレをしない場合は完全には治りません。

  8. 坐骨神経痛でよくある質問と回答

    明るい挨拶

    • Q. なぜ坐骨神経痛になるのか
      A. 坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が様々な事が原因で圧迫や障害を受けて太ももの後ろや臀部、すねや足先にシビレや痛みを引き起こす疾患です。原因は多種多様であり、長時間のデスクワークや同じ姿勢、重たい荷物を持つことが多い、過度の運動などで坐骨神経痛を引き起こすことが多いとされています。また、若年層では腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群、高齢層では腰部脊柱管狭窄症や腰部椎間板ヘルニアなどの疾患が原因で坐骨神経痛を引き起こす場合もある為、早急に治療を行う必要があります。

    • Q. 坐骨神経痛は治せるのか
      A. 腰の筋肉の緊張による圧迫や梨状筋症候群など筋肉が原因で起こる坐骨神経痛は、筋肉の緊張を緩和する事で坐骨神経痛を治すことが出来ます。根本的に姿勢が悪いと筋肉の緊張を緩和出来ても筋肉の緊張が元の状態に戻ってしまい、また坐骨神経痛が出てしまいます。坐骨神経痛が出ないお身体を目指すには継続て治療を行う必要があります。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの疾患によって起こる坐骨神経痛に関しては坐骨神経痛の症状を緩和する事は出来ますが根本的に治療していく事は難しいです。ですので、当院ではしっかりと検査を行い何が原因なのかを突き止めてから治療を行います。

    • Q. 坐骨神経痛を治す為に行う治療は何がありますか
      A. 当院の治療の中で一番行うべき治療は矯正治療です。姿勢の悪さが原因で起こる坐骨神経痛は筋肉を緩めるだけでは一時的に良くなるだけで治ったとは言えません。坐骨神経痛が出ないような身体を目指していく為に継続して行う必要があります。また、激しい坐骨神経痛の場合は鍼の治療も効果的です。鍼で反応している神経に刺激を入れて筋肉を緩める事によって症状を改善させることが出来ます。ストレッチを行い血行改善や筋肉の収縮性を戻してあげることによって改善出来ます。腰を曲げたり捻ったりして痛みが酷い場合はコルセットで腰を安静にすることも大切です。

▲ページの先頭へ戻る

今池南接骨院のご案内

【住所】〒464-0851 愛知県名古屋市千種区今池南32−16【電話】TEL:052-753-6363

今池南接骨院景観
受付時間 土・祝・日
10:00~13:00 9:00~12:30
15:30~21:00 15:00~18:00

年中無休で営業 ※年末年始を除きます

当院までの地図

地下鉄桜通線吹上駅から徒歩8分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

大久手町、春岡通、城木町、春岡、今池、千種 など広く地域の方にお越しいただいております。

お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る

該当する方をタップして下さい

初診 or 再診を選択して電話をおかけ下さい。

初診の方

再診の方